スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
アトラスの安否はいかに?
 虫達にとってはサウナより辛かったであろう超高温温室になっていたのを発見してから一夜。今日は朝から幼虫達の安否の確認作業をしました。
 1ケース1ケースごとにばらし、生存を確認するごとにホッと一息。結果は22匹いたアトラスは1匹のみ★になっていました。これも暑さで死んでしまったのかはわからない様子でした。モトちゃんさんのプレ企画に出す予定のアトラスも全て無事だったので一安心^^;
 もー一時はどうなる事かと思ったけど、えかったえかった!!

 同じ温室にいたパプキン幼虫は、今日は時間がなくなってしまい菌糸瓶をバラせませんでした。ケース底をのぞいてみると、どうやら3匹は大丈夫そうな感じ。残る1匹はまだわかりません。

 アトラス幼虫のケースを全部バラしたついでに、今日はケース洗浄&糞の取り除き作業に加えマットの加水作業も一緒にしました。おかげでお腹はハリハリモード連発w一瞬『陣痛?』と考えるくらいの痛みも。

 今日はパプキンまで見れなかったけど、プップ自身の様子もみながら明日は・・・パプキン用の新しい菌糸瓶を詰めているかも。
スポンサーサイト

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

[2005/12/29 00:18 ] | 昆虫飼育 | コメント(5) | トラックバック(0)
50℃ふりきり!!ヤバイ@@!
 つい先ほどの出来事です。
 我が家の温室は室内のすみっこに設置してあるのですが、その温室を設置してある部屋に入ったところ、いつもよりなんだか暖かいような気が・・・。もしかしてと思い、温室チェック。
 そうです!タイトルからもおわかりかと思いますが、めっちゃ高温になっているではありませんか!!温室の温度計を確認すると50℃までのメモリふりきり状態。なぜに!?
 答えは簡単・・・。チビに「これさわった?」と温度調整のダイヤルを指さすと「うん」と即答(滝汗)まじですかい--;いったいいつから???慌ててヒーターのスイッチを切り、幼虫達のケースを確認。
 イリアン産パプキンは4匹いるうち2匹生存の確認ができましたが、のこりの2匹とアトラス達の安否は確認できず。
 もう夜も遅いし、今からまた虫いじりを始めると家族の目が・・・。ということで、明日は朝から幼虫達の安否確認作業の予定です。

 いつ赤ちゃんが産まれてもいいようにコツコツ準備してきたのに、ここへきてこんな事件が発生するとは(号泣)幼虫君達、どうか無事でいて下さい(祈)お腹のベイビーももう少し出てくるの、待っててね;;ウルウル。

 一番悪いのは、温度調節のダイヤルをチビの手の届く範囲に置いておいた私です・・・。チビが動かせないよう固定しておかなかったのも悪い。その日の気温に合わせてチョコチョコいじっていたのですが、やはりサーモが必要かも。反省・・・シュン(涙)

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

[2005/12/27 23:28 ] | 昆虫飼育 | コメント(3) | トラックバック(0)
パプキン孵化ぁ!ネブト★・・・
 クリスマスも終わり、イベント気分もあっという間になくなってしまったプップ。もともと出産予定日間近なので、今年はイブも当日もどこにも外出しませんでした。
 クリスマスだって、いつ入院してもいいようにせっせと昆虫達のお世話・・・。と、クワガタ成虫たちのマット&ゼリー交換をしていると、パラレルスネブトクワガタの♀が★になっていました。いただきもののWD固体だったので、寿命だったのかどうかはハッキリわかりませんが、たぶんそうであったのでしょう・・・。

 そして、そんな悲しい出来事のあとに、先日採卵したパプキンが孵化しているのを発見!悲しい気持ちも一度に半減、卵4個のうち2匹が孵化していました。なんと小さな幼虫でしょう!しかも真っ白!生まれたてだったようです。昆虫飼育をしていると、こういう瞬間は胸が踊るくらい嬉しいですよね♪
 しばらくはこのままマットでまた様子見です。ちゃんとした飼育ケースへの移動はプップの産後に行う予定です。しばらくはプリンカップのマットで我慢してね^^;
 それにしてもクリスマスという聖なる日に孵化するとは!おぼえやすくてちょうどいいwちなみに再度ペアリングしていたパプキンも、産卵ケースへ移動させました。ペアリング開始から少し早いような気もしますが、なんせ日に余裕がないもので(滝汗)これで卵が取れなかったらこのブルー♀はあきらめてブリードを終了します。

 ちなみに・・・昆虫飼育とは関係ありませんが、今日の産婦人科の検診で先生から「もういつ産まれてもおかしくありません」と言われました。入院中にクワガタ達が死んでしまわないかと心配です。
 皆さんは旅行などで家を留守にする時って、昆虫達に何か特別なことをしていきますか?(突然陣痛がきたらあらためて準備というわけにもいかないと思いますが・・・)

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

[2005/12/27 00:48 ] | 昆虫飼育 | コメント(3) | トラックバック(0)
コクワ幼虫&パプキン幼虫
 先月下旬に菌糸瓶に投入したコクワ幼虫が、そろってその後不明です。待てど暮らせど、なかなか側面にでてきてくれません。しばらく顔を見れないと心配になります。・・・が、菌糸瓶なのでほじってみるのももったいないし面倒。なので今後もこのまま様子見の毎日です。
 反面、パプキンの幼虫は必ずといっていいほどケース底に見えるので、毎日モゾモゾしているのが見えます。10月中旬孵化らしいので、遅くてももう2ヶ月は幼虫でいるのでしょう。はやく蛹がみたいなぁ。

 先日採卵したパプキンは・・・卵が透けて見えるようになりました。やっぱパプキンは早いですね。アトラスの時は首をながーくして孵化を待ったものです。
 今幼虫のパプキンはイリアン産。卵のものはアルファック産。ゴチャゴチャにならないように気をつけて管理しないとなー。

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

[2005/12/24 10:40 ] | 昆虫飼育 | コメント(3) | トラックバック(0)
祝♪モトちゃんのクワガタ飼育10000Hit記念!
 当ブログにコメント下さるモトちゃんさんが、10000HITを記念してプレ企画を行われるそうです。非力ながらも、プップも何かお手伝いできれば・・・と思い、このたびアトラスオオカブトの幼虫を協賛させていただくことにしました。

【協賛商品詳細】
10月中旬~下旬に孵化のアトラスオオカブト(幼虫)
産地    スマトラ産
累代    WDF1
セット内容 アトラスオオカブト幼虫3匹+死着補償1匹(計4匹)
      現在2令~3令くらいの大きさです。
数量    2セット
親サイズ  計測していませんでしたが、大きくもなく小さくもなく中くらいの大きさでした。

※当方まだまだ昆虫飼育初心者につき、幼虫の時点での♂♀の区別が付きません。それと、プップ自身の出産予定日を間近に控えておりますので、こちらからの発送やご連絡等が遅れる場合が御座います。ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程宜しくお願い致します。上記内容をご納得のうえでご応募いただけますよう、お願い申しあげます。

【応募方法】
コメント欄に幼虫希望と書き込み、合わせて連絡先としてメールアドレスを必ずご記入願います。
応募期間や当選発表などの詳細は、モトちゃんさんのブログよりご確認下さいませ♪

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

[2005/12/21 10:47 ] | 昆虫飼育 | コメント(2) | トラックバック(0)
祝♪モトちゃんのクワガタ飼育10000Hit記念!
 当ブログにコメント下さるモトちゃんさんが、10000HITを記念してプレ企画を行われるそうです。非力ながらも、プップも何かお手伝いできれば・・・と思い、このたびアトラスオオカブトの幼虫を協賛させていただくことにしました。

【協賛商品詳細】
10月中旬~下旬に孵化のアトラスオオカブト(幼虫)
産地    スマトラ産
累代    WDF1
セット内容 アトラスオオカブト幼虫3匹+死着補償1匹(計4匹)
      現在2令~3令くらいの大きさです。
数量    2セット
親サイズ  計測していませんでしたが、大きくもなく小さくもなく中くらいの大きさでした。

※当方まだまだ昆虫飼育初心者につき、幼虫の時点での♂♀の区別が付きません。それと、プップ自身の出産予定日を間近に控えておりますので、こちらからの発送やご連絡等が遅れる場合が御座います。ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程宜しくお願い致します。上記内容をご納得のうえでご応募いただけますよう、お願い申しあげます。

【応募方法】
コメント欄に幼虫希望と書き込み、合わせて連絡先としてメールアドレスを必ずご記入願います。
応募期間や当選発表などの詳細は、モトちゃんさんのブログよりご確認下さいませ♪

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

[2005/12/21 10:45 ] | 昆虫飼育 | コメント(0) | トラックバック(0)
パプキン産卵ケースその2
 卵が確認できず失敗に終わった産卵ケースその1。時間ができたのを見計らってお楽しみにとっておいた2個目(赤♀)のケースもバラしてみることにしました。

 慎重にマットを崩していくと・・・ん?これが卵なのかな?小さな小さな白い粒がほんの少し・・・。全部で4個。パプキンの大きさから考えて、このちっちゃな粒がおそらく卵なんでしょう。4個っていう数は正直期待はずれ(涙)でもまた爆産されても困るしね。出産をひかえているプップとしては、まぁ管理しやすい数でしょう。
 とりあえずは無事に産んでくれていた事に感謝。卵をプリンカップにうつして孵化まで観察です。

 そして、前回失敗したほうのブルー♀もそろそろ体力回復したみたいだし、今晩か明日にでも再度ペアリングを開始してみようと思います。こっちの結果が出るのは・・・おそらくプップ自身の出産が終わってからでしょうw

 これから多忙になるのにまだ虫いじりを増やす予定なのか!?
 家族の目がちょっと怖いです^^;(だってもたもたしてたらパプキンの寿命が・・・)←いいわけ?

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

[2005/12/19 11:03 ] | 昆虫飼育 | コメント(7) | トラックバック(0)
外国産&国産カブトに使用するマットについて
 昆虫飼育1年生のプップ。初心者ゆえに大型にしたいとはりきっていろんな情報収集をしてみるも、やはり世の中いろんな考え方の人がいて飼育方法もさまざま。「あれはよくない」「これはよくない」と、初心者ながらにいろいろ勉強してみたけど、まだどれも自分としての結果が出ない。

 国産カブトの幼虫が初めて孵化した時の事。ホームセンターにマットを買いに行ったところ、たくさん並んでいるマットの種類に目移り。値段の安いもの、高いもの、どれがカブトに最適なのか店員さんに尋ねたところ・・・おすすめされたのはなんと菌糸瓶。「お値段は高いですが、これにいれておくだけですごく大きくなりますよ」
 まだ初令幼虫だったので、もう少し大きくなってから・・・と思い、その日は菌糸を買わずに帰宅。帰ってからネットで調べると、『カブトに菌糸瓶は無意味』『マットはマットでも、茶色く醗酵したものでないとエサにならない』『カブトムシはクワガタと違い、なんでも食べちゃいます』など、いろんな事が書かれてありました。中には『カブト幼虫をを菌糸瓶に入れたところ、死んでしまいましたと言われる方がおいでますが、僕から言わせると当然です』などの文章も・・・。「カブトごときに菌糸はもったいない」とかも書いてあったけど、もったいないから使わないの?死んでしまうから使わないの?「園芸用の腐葉土でも充分大きく育ちます」「園芸用の物は薬品が使用してあるので宜しくありません」いろいろありすぎてどれもあてにならない・・・(汗)

 結局・・・幼虫が大きく育つ!と書かれてあった一般的な白い未醗酵のクヌギマットで保管してあった卵達は全滅。無事に孵化したのは観察用に別容器に移していた2個だけ。とあるチャットでお話したクワブリーダーの方は、やはり白いマットではカブトのエサにならないので、孵化しても死んでしまったのでしょうと言われました。

 カブトムシの幼虫は、マットの養分を消化吸収するのにマットの中にいるバクテリア(菌)の力を使うそうなので、消化吸収の効率をあげてやると大きく生長するんだとか?これも嘘か本当かはわかりませんが、菌が良いと聞けば菌糸はないよりあったほうがいいのでしょう。しかし、白いマットの種類なので養分はない。悩んだプップが最終的に信じてみた方法とは?

 茶色い醗酵マットに菌糸を混ぜること。

 これは幼虫が死んでしまうリスクも少ないし、大きく育つような予感もするし・・・ということで、とりあえず自分でマットをいろいろ購入してブレンドしてみました。効果があるのかどうかははっきり言ってわからないけど、知り合いの方が飼っている大量の国産カブトの幼虫と比べると我が家の幼虫は孵化した時期が一番遅い(約1ヶ月半くらいの差)のに、どの幼虫よりも一回りも二回りも大きく生長していました。マット以外の飼育環境も影響があるせいだとは思いますが、それでもこれは嬉しかったです♪

 しかし、菌糸を混ぜたマットはマットだけで使用するより劣化が早く、こまめに管理しないといけません。国産カブトって、手軽にあまり手をかけずに飼育できるのも良いところ・・・という部分は全く当てはまらず、その後アトラスが爆産した我が家ではお金と手がまわらず、現在は普通の醗酵マットのみとなっております・・・。飼育種類が増えなかったら、いまだに手厚く管理されていたでしょうw

 ずいぶんと長くなりましたが、最終的にプップが言いたいことは!どれが一番良いのかは全くわかっていないという事です(汗)現在も全て手探り状態で飼育中・・・。
 でも、国産カブトでもめっちゃ大きくなったらカッコイイだろうなぁ。あ、これが蛹になって♀だったらちょっとショックかも(笑)

 皆様の経験談、コメントご意見等、ぜひ宜しくお願い致します。

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

[2005/12/15 11:00 ] | 昆虫飼育 | コメント(3) | トラックバック(0)
昆虫画像
 昆虫サイトには絶対と言っていいほどクワカブの画像が貼ってあります。綺麗な固体を飾るだけでなく、成虫のサイズや幼虫の重さなどを計測した画像もかなり多いです。もちろん、それぞれ観覧者に的確に伝えるという目的があるからこそアップされている画像ですが・・・。

 プップの場合、あまりマメではない性格とPCオンチということもあり、まだここにも一枚も画像を貼っていません。たぶんアップするだけならすぐにできる範囲の作業でしょうが、写真を撮るというのが実は苦手。いろんな昆虫サイトで拝見する画像は、なんとも細やかなアングル等が考慮されていて、撮影用のエサ台や造花などの小物も多く使われています。驚くほどの撮影テクで、昆虫自体がそれはそれは2倍3倍以上に美しく撮れていることでしょう。こういうのを見ると『自分のブログにもこういうのをアップしてみたいなぁ』という気持ちになります。でも・・・前記のとおり、写真撮影の苦手さ&おおざっぱな性格。

 みんなのページに憧れて近々画像はアップすると思いますが、絶対にヘンテコな写真になってしまうでしょう。
 その時はどうか笑って許して下さいね^^;

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

[2005/12/14 00:55 ] | 昆虫飼育 | コメント(0) | トラックバック(0)
アトラスの幼虫達
 我が家の飼育スペースの大半をしめているアトラスオオカブトの幼虫達。かなり気性が荒いらしく、どこのサイトを見ても『単独飼育が望ましい』と書かれてあったため、プップは全てミニケースサイズで単独飼育中。孵化がどんどん始まってから飼育方法を勉強した為、それまで外国産の昆虫達に温室を準備してやらなくてはいけないことも知りませんでした。よく考えれば当然の事のハズなんですけどね(汗)

 でもこの大量なアトラス。我が家も爆産でしたが、プップの甥っ子のアトラスも爆産してしまい、面倒を見切れないとヘルプが。仕方がないので甥っ子のアトラスも引き受けてしまったのが今年の秋。約40匹ものアトラスを里子に出しましたが、家にはまだ20匹以上のアトラスが温室を陣取っています。

 本格的にブリードしている人達からは少ないでしょうが、単独飼育というのがなかなかのクセモノです。なんせ初めてなことだらけで、無事に羽化するかも心配だったのでとりあえずこれだけの数を手元に残しましたが、マットも大量に必要だし、室内での簡易的温室なのでなかなか管理も大変。コバエはなんとかほぼゼロにまですることができましたが、カビやダニの心配はまだまだ尽きず・・・。小さな子供がいるのでそのあたりの管理はなるべくきちんとしたいものです。

 来年も累代を続ける予定なので、ブリードさせる量や種類はきちんと吟味しないといけませんね。「卵を産んでる~!わーい!!」って喜んでいた数ヶ月前・・・。こんなことで純粋に喜んでいたのも、爆産飼育の恐ろしさを知らなかったからですねw
 来年は・・・国産カブトなら大量飼育してもよいかも?

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

[2005/12/12 11:02 ] | 昆虫飼育 | コメント(3) | トラックバック(1)
パプキン産卵ケースその1
 プップ初のクワガタ飼育となったパプキン。プレ企画でいただいた中から♀2匹を各産卵ケースにセットしていました。

 1個目はブルー♀。今日で産卵ケースをセットしてから12日たつのに、まだマット表面に帰ってきません。なので、中で★になっているのかも?と心配になりバラしてみることに。

 親切なサイトで教えていただいた、材を使わずに超固めのマットだけで産卵させる方法でチャレンジしていたのですが、ケースを逆さにしてもマットが落ちてこない。底をバンバン叩くと、中心の穴から♀だけポトっと落ちてきました。★にはなっていませんでしたが、動きが鈍くあまり元気がなさそう・・・。
 この♀にはしばらく休養をとってもらうことにして、ワクワクしながら採卵してみることに^^
 慎重にマットを崩していくけど、どれだけ探しても卵が見当たらない。どうやら今回は失敗のようです。原因はたぶん、プップがマットをかたく詰めすぎたようです。自分の経験談ではありませんが、ブルー系は穴を掘る力が弱いらしく、マットはあまりかたくしすぎないように詰めなければいけないんだとか。
 ♀の回復を待って、再度ペアリングからやり直してみようかと思います。

 2個目は赤♀。こっちは産卵ケースにセットしてからちょうど1週間で地上に帰還。ブリード方法を教えていただいたとおりの結果になっているので、たぶん期待できるかも♪早くバラしてみたいけど、こっちはもう少しお楽しみにとっておこうと思います。

 無事に産んでくれていると嬉しいのですが・・・。

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

[2005/12/12 00:23 ] | 昆虫飼育 | コメント(1) | トラックバック(0)
とりあえずブログ開始
 なにがともあれとりあえずブログを開始してみます。昆虫飼育もそうだけど、PCだってまだまだ未熟なプップ。この先いったいどうなることやら・・・。

 昆虫飼育ということもあるし、とりあえず我が家のクワガブ君達を紹介します。(ほとんどが頂きものです)

【成虫編】
 一番の新顔は、先月末にいただいたオオクワのペア。川西産F4って教えてもらったとってもキレイな固体です。初めて見たとき、あまりの大きさにビビってしまいました。
 続いてオキピタリスノコギリクワガタ♂・パラレルスネブトクワガタペア・コクワガタペア・パプアキンイロクワガタ♂1♀3匹。どれもご好意で頂いたものとプレ企画で当選したもので、飼育初心者であるプップが一気に飼育種類が増やすことができました。

 現在ブリードにチャレンジしているのはパプキン♪♀3匹のうちから2匹を選んで、それぞれ各産卵セットに投入中。

【幼虫編】
 無難な国産カブトムシ3匹・アトラスオオカブト(たくさん!)パプキン4匹(上記の成虫とは違う産地のものです)コクワ3匹です。
 国産1匹とアトラス達は、我が家で今年生まれたものです。その他はまたまた頂きものです^^;

 まだまだわからないことだらけ!でもまずは始めてみること!ここでこのブログを読んで下さった方からも、いろいろアドバイスいただければ嬉しいです。昆虫仲間が増えるのも嬉しいな♪

 一度にたくさんは書けないから、我が家のクワカブ君達の様子も順に書いていこうと思います。

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

[2005/12/08 11:47 ] | 昆虫飼育 | コメント(2) | トラックバック(0)
ブログ開始
 初めてブログを登録してみたけど、これでいいのかな?うまく書けてるかしら?とりあえず確認。
 無事登録できてたら、夜にでも更新しようっと。

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

[2005/12/07 11:50 ] | 昆虫飼育 | コメント(1) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。