スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
もしかしてヤヴァい?
 今まで超過保護的に育ててきた国産カブトですが、ここにきてなんだかやばそうな雰囲気です。かなり暴れてます。色もなんだかおかしいです。いったい何事!?


 様子がおかしいのかな?と思ったのは1ヶ月くらい前から。マットの中を激しく移動するようになり、最初は元気がいいのだと勝手に解釈していたプップ(汗)でもあまりにも動きまわるので、マットに問題ありなのかも・・・と、マットを全交換しました。
 マットを交換したときは、マットの表面にゴロンと出てきてしまっていて、交換後また瓶底にもぐっていきました。

 少し早いような気もするけど、そろそろ蛹になる準備でもしてるのかなぁーと安易な考えでしたが、今日またマットの表面に出てきていました。んで、さっきまた潜っているのを確認。

 成長がとまると黄色くなってきますよね、でもこの幼虫は黄色っぽい感じではなく紫とか灰色とか、なんだかそんな感じの色なんです。(デジカメ、しっかりしておくれよ!)

 とにかく、動き回って死んだように動かなくなる。また動き回ってマット表面で休んで潜る。この繰り返しです。前回のマット交換から瓶にしましたが、それまでは普通のプラスチックのケースで管理してました。プラケースの最後の時は、ケースとフタの間に挟んである新聞紙を食い破り新聞紙の上で暴れまわってた時もあります。新聞紙はボロボロにされていました。

 いったいどうしちゃったのよ(涙)何がいけないの?マット?酸欠?水分?ずいぶん小さくなってしまったキミ・・・。このまま★になっちゃうの?
スポンサーサイト

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

[2006/05/22 22:23 ] | 昆虫飼育 | コメント(10) | トラックバック(0)
<<出番がない | ホーム | 届きました~!>>
コメント
マット表面と蓋の間はどの位開いてますか?酸欠かもしれませんね。再醗酵も考えられます。蓋を1週間位開けっ放しにすると、酸欠は収まりますが、マットが再醗酵してる場合はマットが暖かくなってるので、マット交換した方が良いんですが、強制的に扇風機をあてて冷却して下さい。これでも熱が取れない場合はマット交換です。マット交換の際は必ずガス抜きをして下さいね。マットを乾燥させてもOKです。その分加水すれば大丈夫なんで。また蛹室を探してるかもしれませんので、そのまま放っておくのも良いですが。ケースを上下左右にトントンとして、マットを詰めると蛹室を作り易くなりますよ。マット下1/3を押し固めても良いです。

最近暖かくなってるし温度差がかなり上下激しいので再醗酵かもしれませんね。マットってモノにもよりますが、25度を超えてくると再醗酵し易いものが多いので気を付けてください。
[2006/05/22 22:40] | URL | EZZY #- [ 編集 ]
v-530EZZYさんへ>
 早!即行コメント有難う御座います。
 過去の経験で、マット交換までの期間を延ばしてみたことがありまして、その時は古いマットから牛糞の悪臭が発生していたことがありました。これって再醗酵なんでしょうか?
 幼虫の色がどうも普通じゃないような気がして、病気で苦しんでるのかもと心配です。
 でも管理の仕方を変えておさまるのであればベストをつくしたいです。
 なんだか心配なので、先日マット交換してからまだ日が浅いですが、明日早速また交換してみますね。三分の一、硬詰めしてみます。ちなみに国産カブトって、蛹室縦なんですね、最近までずっと横だと思っていました。(←なので瓶飼育に切り換えました)無知とはいかんものですね。勉強不足でした、反省。
[2006/05/22 23:14] | URL | プップ #- [ 編集 ]
 追記:マットとフタまでの間は3cmくらいです。もっとあけたほうがいいでしょうか?
[2006/05/22 23:16] | URL | プップ #- [ 編集 ]
再醗酵の確認は普通より明らかにマットが熱を持っている状態ですね。暖かかったり。生暖かいのも再醗酵と考えて良いと思います。
牛糞の匂いはあまり気にしなくて良いと思います。

あと、蓋とマットの間は開けれるだけ開けた方が良いです。マットと蓋の間に空気の溜まり場を作ってあげるという事ですね。

国産カブトは縦に蛹室を作りますので、マットの深さは固めたマット+幼虫の長さ+αで大丈夫です。面積は、1頭あたり10cm四方あれば問題無く蛹室は作れます。マットを深く入れ過ぎると、蛹室を作った上に別の幼虫が蛹室を作る場合があるので、下の幼虫が羽化して上ってきた時に上の蛹室を崩す場合があるので羽化不全になりやすくなります。

[2006/05/22 23:46] | URL | EZZY #- [ 編集 ]
国産カブト幼虫飼育1年生の私が言うのもなんですが、ウチのカブト幼虫ちゃんも潜ったり、マットの表面に出てきたりしてました。
そのまま、放置していたのですが、今は、蛹室らしきモノを作っています。(^-^;
そろそろ蛹室を作るのかも知れませんネ。
[2006/05/23 01:57] | URL | たまどん #- [ 編集 ]
おそらく酸欠が原因だと思います。
マットと蓋までの間を開けるのも効果的ですが、表面積が小さければあまり意味がないですよ。カブト系はボトルでも、口の大きな物を使用した方がよろしいかと思います。
[2006/05/23 11:48] | URL | ギデオン #Vg7l9weY [ 編集 ]
ケースの横に手を当ててみて
ほんのりと暖かければ再発酵ナリ。
臭いがきつくなるのもそう。
[2006/05/24 01:11] | URL | 回天 #- [ 編集 ]
v-530EZZYさんへ>
 マットが暖かいかどうか・・・はわかりませんでしたが、とりあえず交換してみました。今のところ潜ってくれています。これで落ち着いてくれればいいんですが・・・。
 容器は単独飼育で1000瓶を使っています。蛹室を作るには足りる大きさだと思っていたのですが、もっと大きいのに変えたほうがよかったかなぁ?
v-530たまどんさんへ>
 これで落ち着いてくれるといいのですが・・・前にマットを硬詰めしすぎたのか、交換直後でも底まで潜っていかないことがよくありました。なので、前回まで気持ちやわらかめにマットを入れていましたが、蛹室作成となるとやはりカンカン詰めのほうがいいんですかね。
v-530ギデオンさんへ>
 やはり酸欠も充分疑われるんですね。コバエの進入が気になりますが、ここはひとつ、フタを解放して様子をみることにしますね。
v-530masaさん&回天さんへ>
 異臭は再醗酵?とにかく臭かったです。半分より上のマットは臭くもなく普通だったんですが、底の部分がもろ牛糞臭を発生させてました。表面あたりが普通だったので、その時はマットを交換するまで異臭にすら気が付いていませんでした。底の部分だけ再醗酵することってあるんですね(汗)ほじるごとに臭くなっていってました。
 
[2006/05/25 09:26] | URL | プップ #- [ 編集 ]
1000瓶というのは
蜂蜜1000のことですか?
それだったらギリギリ大丈夫と思います。
まぁ。長ければ長い方が良いんですが・・・。


あと蓋を開放とあるんですけど
キッチンペーパーを輪ゴムで留めておくと
コバエの進入は防げますよ。

とりあえず、どのムシの幼虫もマット交換後
1週間は良く様子を見てください。
今の所潜っている様なので、安心ですネ。

頑張って下さい。
[2006/05/25 16:28] | URL | EZZY #- [ 編集 ]
v-530EZZYさんへ>
はい♪有難う御座います^^頑張ります!
この子は特に思いいれがあったので、なんとしても無事に羽化させてあげたいです。
瓶の大きさがギリギリかもということでしたので、明日2000瓶に移動します!
[2006/05/26 12:40] | URL | プップ #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pupsx.blog40.fc2.com/tb.php/68-75960b20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。